FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン・オペラ Zarzuela(サルスエラ)鑑賞!

スペイン映画の根底を体感するrために、学生にはキツイ値段でしたがZarzuela(サルスエラ)を観にいってきました。

スペイン映画の誕生は日本より少し早めで、映画に物語姓をもたせたことによりプロの役者が起用されました。
そのころは映画の役者がいなかったため、このサルスエラの舞台役者を映画の役者として起用したらしいです。

日本も同じで、歌舞伎役者が映画に登場したのと同じの流れですね。

私が鑑賞した作品は、「El gato montés(エル・ガト・モンテス)」。
1916年2月23日にバレンシアで初上演され、ジプシーの女性、闘牛士、山賊の三角関係を描いた物語です。

Zarzuela(サルスエラ)は、マドリレーニョ(マドリッド子)文化でイタリア・オペラの影響を受けており、
ただ違いは、演目時間が短く、愉快で芝居やどたばた喜劇やダンスを取り入れていることらしいです。

今作は、マドリード・ロータリークラブ会員の方々と行ってきましたが、皆さんご不満そうでした。

「今日のは、今まで観てきた中で一番おもしろくなかったよ。普通のZarzuelaとは違う。君にはもっと楽しい作品を観て欲しい。」

期待通りの内容では無かったのでしょうね。

私は言葉があまりわかりませんでしたが、人物の登場の仕方、衣装、仕草などで予想しながら楽しく観れました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。