FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン語にはまりそう(4)

「スペイン語の魅力は?」と聞かれると何と答えようか。

1つは言葉の持つリズム。
関西弁もそうだが、言葉のイントネーション自体に笑いが込められている。
またギャグやオチがあるのも魅力の一つ。スペイン語の会話集を読む際、文法や単語を解き明かすのはもちろんのこと、ギャグやオチまで探らなければならないのは脳みそへの刺激が違う。

2つに発音のしやすさ。
日本語の母音と同じ母音「アエイオウ」がある。巻き舌「R」発音はあるものの、練習すれば習得できるものである。

3つに文法の単純さ。
英語と違い現在形、未来形、過去形それぞれに動詞の活用がある。基本パターンさえわかれば比較的簡単に覚えられる。ルールが明確なのは勉強しやすい。

4つに歴史の深さ。
英語は雑種な粗さがまだ残る言語だが、スペイン語はそれがそぎ落とされ淘汰された感がある。歴史の深さが違うからだろうか。

英語をある程度マスターしている人は、スペイン語は英語に費やす3分の2程度でマスターできるかもしれない。と願う。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。