FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「堕落」

先週金曜日に飲んだ仲間の講義があったので参加してきました。

欧州での日本映画・日本映画史研究家である ローランド・ドメーニグ氏(ウイーン大学准教授)。ベルリン映画祭では『もののけ姫』のドイツ語字幕を担当したりと、日本映画のドイツ語・英語字幕を翻訳している。
「プロほど学べ! ~映像業界で働く人たちへ~ 」と題し日本映像翻訳アカデミーで特別講義をおこなう彼とは、今年4月ドイツ・フランクフルトにて初対面。以降夏休みを利用して来日していた彼と3~4回は会っている。

占い師から前世は日本人だったと言われるくらい、日本文化になじんでいる不思議な人である。
日本映画・書物は日本人の私以上に詳しく、ただただ彼と話をすると恥ずかしくなってしまう。

物腰が柔らかくソフトな口調から排される言葉は、テロリスト並み。その彼の講義を聞けるとは。

「堕落」をキーワードに、古今東西作品の字幕を例に引き合いに紹介された話は、日本の字幕文化を誇りに思っている私には結構衝撃的な内容だった。知り合いに職人の域にある字幕制作者がいるが、彼らが聞いたら怒るかも、、、。

でも講義って、インパクトの強い言葉を用いることで観客が疑問を抱き、意見を聞き出せ、ディスカッションが活性するのかもしれない。そうだとローランドは確信犯だな。

ローランド先生と
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。