FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさしぶりの映画

今日は金曜日。シネスイッチ銀座は女性900円デー。

『母なる証明』を観る。監督は『殺人の追憶』、『グエムル-漢江の怪物-』などで世界的に有名なポン・ジュノ氏。キャストに兵役から5年ぶり映画出演のウォンビン。

ある小さな町で殺人事件が起き、容疑者に知的障害者トジュンが挙げられる。無罪を証明しようと奔走する母親と記憶を戻そうとする息子。

『殺人の追憶』が衝撃的な作品なだけ期待度大。
冒頭シーンは椅子から転げそうになる。映画を熟知した監督の選ぶロケーションは素晴らしく、そこに踊らされる役者。それを確実に映画のフレームへ切り上げる力量は素晴らしい。
久しぶりに映画言語を理解した者が製作した「映画」を観た感じがする。

ウォンビンは完全にアイドルから脱却した立派な役者へ成長している。
機会があれば、是非観て欲しい一本。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。